格安SIM・格安スマホ(MVNO)のSIMでもApple Payは使える?

もちろん、格安SIM・格安スマホ(MVNO)のSIMでも問題なくApple Payが使えます

こんにちは! サルわか編集部のiPhone大好き女子、あかりです。日本でも、Appleの決済サービス「Apple Pay」が利用できるようになりました。SuicaカードをiPhoneに取り込んで、電車の改札をiPhoneで通る動画を見たことがある人も多いと思います。「iPhoneでモバイルSuicaが使える!」と話題になりましたね。私も早速、Suicaカードを取り込んで使っていますよ。今回はこのApple Payと、iPhoneで使うSuicaについて紹介します!

kno21-01

Appleの公式動画より。改札や読み取り機にはiPhoneの先端部をかざします。

Apple Payは改札通過だけでなく、コンビニやカフェなどで店頭の読み取り機にiPhoneをかざして支払いをしたり、Webサイトやアプリ内の支払いが指紋認証のTouch IDで簡単にできたりします。でも、どうせなら端末をかざしてサッと改札を通ってみたいですよね。

この場合は、日本国内で販売されたiPhone 7/7 PlusかApple Watch Series 2が必要です。これらの端末はおサイフケータイでもお馴染みのFeliCaチップを搭載していて、このFeliCaチップがお店での支払いや改札通過の際に、読み取り機と通信してデータの読み書きをします。iPhone 6s/6s Plus以前のiPhoneや第1世代のApple Watchでも、Webサイトやアプリ内の支払いはできますが、Apple Payの醍醐味の半分しか味わえません。

また、Apple Payを使うには、基本的にクレジットカード(クレカ)をiPhoneに登録する必要があります。Apple Payに登録できるクレカ、できないクレカがあるので、詳しくはAppleのサイトを確認してほしいのですが、登録自体はiPhoneのカメラがクレカ番号を読み取ってくれるので、比較的簡単です。番号の読み取りは楽しいとさえ感じるので、クレカの対応/未対応が分からない場合は、とりあえず試してみるというのも手です。私も持っているクレカを全部読み取らせてみましたけど、だいたい大丈夫でした。

Apple Payに対応しているクレカを読み取って登録手続きを進めると、店頭支払い用のiDやQUICPay、Webサイトやアプリ内での支払いに使われる番号が発行されます。これがクレカの番号とは異なる数字である点がミソ。Apple Payを利用する場合、元のクレカ番号はカードを持っている自分とカードを発行したクレジットカード会社しか知ることができないので、他者が番号を知ることができるプラスチックカードのクレカよりも安全性が高いというわけです。

ところで「Visaカードは日本のApple Payでは使えない」という話を聞いたことがありますか? 確かにVisaは日本のApple Payに賛同していないのですが、Visaのマークが付いているクレカが登録できないわけではありません。Apple Payに対応しているクレジットカード会社のVisaカードなら、iDかQUICPayの番号が発行されて、店頭で端末をかざして支払うことができます。ただし、Webサイトやアプリ内での支払いには利用できません。この辺はちょっと複雑なのですが、使っていくうちに分かってくると思います。お店でiPhoneをかざして格好よく支払いをしたいというのが目的なら、Visaカードでも問題なしですよ。

さて、Apple Pay最大の注目サービスがSuicaです。Suicaカードの上にiPhoneを置いて、カード情報やデポジットの500円を含む電子マネーをiPhoneに取り込めるのが面白いのですが、実はSuicaカードがなくてもiPhoneでSuicaが使えます。App Storeから「Suica」アプリをダウンロードして、そこからSuicaを新規発行することができるんです。関東圏以外に住んでいてSuicaカードを持っていない人でも、この方法を利用すればiPhoneでSuicaが使えますのでチャレンジしてみてください。Suicaと互換性のあるサービスにも利用できます。

なお、Suicaへのチャージは基本的にはクレカで行います。Apple Payに登録したSuica対応のクレカからチャージできるのはもちろん、Suicaアプリからもクレカを登録してチャージできます。ここにSuicaを発行するJR東日本グループのビューカードを登録すると、設定した金額までお金がなくなると、自動的にお金をチャージすることが可能。ただ残念ながら、一部を除いて駅の券売機での現金チャージはできません。どうしても現金でチャージしたい場合はコンビニで行うことになります。券売機でのチャージ、iPhoneにも対応してほしいなあ。私的に、ここだけは残念です。

kno21-02-1

Suicaアプリのチャージ画面。Suicaアプリで登録したクレカは「クレジットカード」、Apple Payに登録したクレカは「Apple Pay」から選んでチャージできます。

最後に、格安SIM・格安スマホ(MVNO)のSIMを差しているiPhoneでも、Apple PayやSuicaが使えるかどうかについては、もちろん、問題なく使えます。決済に必要な情報はFeliCaチップと読み取り機がやり取りするので、携帯電話のSIMは関係ないんです。SIMが入っていないApple Watch Series 2でも、Suicaで改札通過や買い物ができるのがその証拠。もちろん、アプリの更新にはデータ通信が必要ですけれどね。

だから、格安SIM・格安スマホ(MVNO)を利用していても、安心してApple Payに挑戦してみてください。iPhoneやApple Watchでサッと改札を通るのは、本当に気持ちがいいですよ!

(サルでもわかる?MVNO編集部/あかり)

Post navigation

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます