SIMカードの入れ替えってどうやるの?

SIMカードを取り出して向きを合わせてセットするだけ。自分でカンタンにできます!

SIMカード入れ替え作業はとてもカンタン!方法さえわかれば、誰にでもできます。SIMカードをセットする場所はスマートフォンによって異なりますが、たいていは本体側面にある専用スロットの中、または背面のカバーの中のいずれかになります。

本体の側面の専用スロットに入れる場合、入口がキャップですぐに開けられる場合と、細い専用のピンが必要な場合とがあります。iPhoneのように、側面に小さな穴が空いていたらピンが必要です。スマートフォン付属のピンを用意しましょう。付属のピンをなくしてしまった場合は、細いクリップの先などでも代用することができます。

 

<ピンを使う場合>

sta009-2

側面の小さな穴にスマートフォン付属のピンを押し込み、出てきたトレイを引き抜きます。新たにセットするSIMカードの向きをあわせてトレイに乗せ、トレイをSIMカードスロットに戻したら、しっかり押し込みます。このとき、トレイの向きが間違っているとうまく差し込めません。無理矢理押し込まず、トレイの裏表をしっかり確認してから再度挿入してください。

 

<キャップタイプの場合>

sta009-3

キャップをはずし、中の専用スロットを引き抜きます。向きをあわせてSIMカードをスロットにセットし、中に入れます。軽く押し込み、手応えを感じたらキャップをしっかり閉めます。特に防水タイプのスマートフォンは、キャップがしっかり閉まったどうか確認しましょう。

 

<背面にSIMカードスロットがある場合>

sta009-4

背面のカバーを外します。中に専用スロットが見えるので、SIMカードの向きを揃えてセットし、背面のカバーを装着し直します。カチッとした手応えを感じるまで滑り込ませるように押し込んでセットするタイプのほか、抑えのカバーを開けてセットし、カバーを戻すタイプもあります。またSIMカード用のスロットが、バッテリーを取り外した下にあるものもあります。いずれの場合も、トレイの近くにSIMカードのアイコンが描かれていますので、その向きを参考にセットしましょう。

 

SIMカードを正しく挿入すると、スマートフォンの画面の上に電波ピクト(電波のアイコン)が表示されます。なおスマートフォンによってはSIMカードとmicroSDカードの入り口が並んでいる場合がありますので注意しましょう。またスマートフォンの中にはデュアルSIMといって、SIMカードが2枚挿入できるタイプもあります。その場合、2つのスロットのどちらのSIMカードをセットすればいいか、説明書などで確認することをおすすめします。

(サルわか編集部)

Post navigation

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます