iPhone 7を格安スマホで使えば、2年後に新iPhoneがタダになる!?

大手キャリアと格安スマホ、iPhone 7がお得なのはどっち?

防水になったり、Suicaなど電子決済が使えるようになったりと、新機能盛りだくさんで話題のiPhone 7とiPhone 7 Plus。この最新のiPhoneを大手キャリアで使う場合と、格安スマホで使う場合、どう違うのかシミュレーションしてみました。

iPhone 7 32GBをドコモオンラインショップで購入する場合、端末代金(分割24回支払総額)3429円/月(8万2296円)から、月々サポート(24か月の割引総額)-2322円/月(-5万5728円)を差し引いた実質負担金は、1107円/月(2万6568円)。実質2万6568円でiPhone 7 32GBが買えます。

これに対して、購入後すぐ格安SIMが利用できる、iPhone 7 32GBのSIMフリー版は、アップルのオンラインストアで7万2800円。iPhoneに支払う価格だけを比較すると2万6568円と7万2800円となり、その差額は4万6232円。ドコモオンラインショップで買った方が、断然安いことがわかります。

ただし、格安スマホはその名前の通り、月々の通信料金が安いので、通信料金も含めた2年間で支払うトータルの金額を比較すると、なんと逆転の現象が起こります。たとえば、大手キャリアで新たにスタートした大容量プランと、U-mobileのLTE使い放題プランで比較すると、こうなります。

 

1+2-2

 

U-mobileの金額には通話料金が含まれていないため、単純に比較することはできませんが、その差額は12万円強。iPhone購入時の差額どころではない大きな差ですね。

さて、大手キャリアはiPhone 7とiPhone 7 Plusの補償にも力を入れています。たとえばドコモでは、月額750円のオプション料金で、iPhone を紛失したり、保証対象外の故障となった場合に、1回1万1000円(年2回まで)で再入手できるサービスを提供しています。では、格安スマホはどうか?実はU-mobileでも同様のサービスが利用できます。iPhoneを年2回まで、1回の上限額が5万円で正規修理が受けられます。

これは「つながる端末保証 by U-mobile」という本来は月額500円のサービスなのですが、iPhone 7とiPhone 7 Plusの発売にあわせて、月額2980円の「U-mobile 通話プラス(LTE使い放題)」と「つながる端末保証 by U-mobile」をセットにして、しかも価格は月額2980円据置という新料金プラン「U-mobile for iPhone」がスタートしました。

 

02

 

先ほどの2年間の料金に、補償オプションも含めて比較するとこうなります。

 

3+4-2

 

2年後、この差額で新しいiPhoneを購入してもおつりがきますね。

 

なお、「U-mobile for iPhone」 の使い放題は、「U-mobile PREMIUM」の使い放題プランとは異なるのでご注意ください。

U-mobileでは「U-mobile for iPhone」のリリースにあわせて、月額基本使用料が最大3カ月無料になるキャンペーンを実施中。

さらに、MNP転入での申し込み限定のキャンペーンも!

2016年12月31日までにMNP申込、かつ2017年1月31日時点でU-mobile for iPhoneを継続利用している方に、2017年3月末に5000円キャッシュバックがもらえるお得なキャンペーンです!

 

(サルわか編集部)

Post navigation

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます