Loading...

MVNOってどんなサービス?

大手キャリアと同じネットワークが使えるのに、料金がぐっとお得な携帯電話サービスです!

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリア(携帯電話会社)のことを、英語ではMobile Network Operatorといい、これを略して専門用語ではMNOと呼んでいます。日本語に置き換えると「移動体通信事業者」ですね。

これに対して「仮想移動体通信事業者」のことを、英語ではMobile Virtual Network Operatorといい、これを略した言葉がMVNOです。

「仮想」という言葉がついているように、MVNOは自らアンテナや基地局、通信ネットワークを敷設するのではなく、大手キャリアから設備を借りてサービスを提供しています。U-mobileもこうしたMVNOのひとつです。

kno002_01

大手キャリアでは設備の敷設や維持に、莫大な投資が必要になるため、巨大企業である必要があり、しかも多くのユーザーを抱えなければ、ビジネスが成り立ちません。

一方、MVNOは設備を借りてサービスを提供できるので、必要な設備投資も比較的小規模で、その分だけ、低コストでサービスを提供できます。

MVNOが格安SIMや、格安スマホと呼ばれるような、月額料金の安い携帯電話サービスを提供できるのは、こうした理由があるからです。

大手キャリアに比べると料金は安いですが、ネットワークなどは同じものを使っていますので、利用できるエリアや通信品質に違いはありません。

(サルわか編集部)

Post navigation

お申し込み お問い合わせ