Loading...

ドコモ、au、ソフトバンクとの違いは?(スマホ編)

セット販売のスマホはSIMフリーだから海外でもお得に使える!

今、手持ちのスマートフォンをMVNOSIMで使いたい場合、ドコモ系のMVNOならドコモやソフトバンクの端末、au系のMVNOならauの端末を利用できます。例えば、U-mobileならドコモの端末をSIMロック解除せずに使うことができます。

一方、新しいスマートフォンをMVNOのSIMで使いたい場合は、自分でSIMフリー端末を用意するか、MVNOがSIMとセット販売している端末を購入して使います。最近はセット販売される端末が充実。しかも24回の分割払いができるので、大手キャリアで端末を購入するのと同じような感覚で購入できます。

ただMVNOには月々サポートや毎月割といった端末購入の補助がありません。キャンペーンなどで価格が割引されているケースもありますが、基本的に端末代金は全額、自分で支払うことになります。とはいえMVNOのセット端末は本体価格が安めに設定されているので、大手キャリアが販売している端末のどちらがお得かはなんとも言えません。

しかも大手キャリアが販売している端末には、そのキャリアのSIMでしか使えないようにSIMロックがかけられています。一方、MVNOでセット端末はSIMロックがかかっていないので、どのキャリアのSIMでも使えます。例えば海外旅行や出張の時に、現地のプリペイドSIMを購入して利用することも可能。大手キャリアの海外ローミングよりも、通信料金を抑えることができるのです。

kno006_01

MVNO人気の高まりとともに端末のラインアップも充実し、最近では幅広い端末が選べるようになってきました。富士通やシャープなど日本のメーカーもMVNO用にSIMフリー端末を作り始めています。大手キャリアに端末を納入してきた日本メーカーのモデルなので、安心して使えます。

なお、自分でSIMフリー端末を用意する場合は、端末の対応周波数(Band)が合っているか、そして「技適」マークが付いているかをしっかり確認しましょう。海外で購入した端末の場合、周波数が日本の環境に合っていなかったり、日本で利用する際に必要な適合試験を得ていなかったりするものもあるので、注意してくださいね。

(サルわか編集部)

Post navigation

お申し込み お問い合わせ