Loading...

話題の格安SIM! 初期費用はどのくらい?

サルでもわかる?MVNO編集部、略してサルわか編集部・研修生のイチカです。私がパケットを使いすぎるせいで、パパから「スマホ代を自分で払いなさい」って言われちゃいました。お小遣いから、毎月、スマホ代として1万円以上も捻出するなんてあり得ないです。イチカ、今、大ピンチです!

 

女史
「サルでもわかる?MVNO編集部」のリケジョ(理系女子)。女史の愛称で親しまれる。

 

 

イチカ
「サルでもわかる?MVNO編集部」の研修生。MVNOのことをイチから勉強中。

 

 

格安SIMスマートフォンの初期費用はいくら?

イチカ「女史、格安SIMって安いんですよね?実は私、格安SIMに乗り換えようかと思ってるんですよ」

女史「あらイチカちゃん、どうしたの?『もう成人したんだし、自分が使うスマホ代くらい、自分で払いなさい』とか言われちゃった?」

イチカ「さすが女史!パパの心理を読んでますね。うちは家族でシェアプランを使っているんですけど、いつも『パケットを使いすぎだ!』って、パパに怒られてたんですよ。私がSNSで写真をたくさん送ったり、動画もたくさん見るせいで、パパとママがあまり使えないって……。だから別々にしたほうが私がちゃんと考えて使うだろうってことみたいです」

女史「なるほど。パパの気持ちもわかるわね。家族3人だと毎月2万円くらいは払っていただろうから、1年なら24万円よ。それはかなりの出費だと思うわ」

イチカ「そうなんです。私も20歳になったし、学生用のクレジットカードも持てたので、そろそろ自分で払おうかなと思って。でも自分で払うのならできるだけ安くしたいから、格安SIMを検討しているんですよ。だいたいいくらくらいかかるものなんですか?」

女史「えらいわ。まず最初に初期費用が必要になるわね」

イチカ「えっ、初期費用って?」

女史「契約手続きをする時に必要なお金のことよ。MVNOによって微妙に料金は違うんだけど、U-mobileの場合は新規申込みの登録事務手数料が3000円、SIMカードを発行する手数料として1契約ごとに394円が必要よ。あとはスマホを新しく買うのなら、その購入代金なんかが必要になるわ。ただSIMカード発行手数料っていうのは、MVNOによっては不要な場合もあるみたい。あと、スマホ代は分割で支払えるし、そもそもそんなに高くないから負担は少ないはずよ」

イチカ「ってことは、スマホは今持ってるのがそのまま使えたら、3000円で済むかもしれないってことですね!」

女史「そうね。今のスマホがドコモのスマホで、ドコモの回線を使った格安SIMならそのまま使えるわ」

イチカ「やった!ネットでパッケージを売っているのを見たんだけど、あれを買っても別に申込み手数料がかかるんですか?」

女史「パッケージ購入代金がそのまま新規申込み手数料になってるみたいよ」

イチカ「そうなんですね?3000円ちょっとなら私にも払えそう。早速、申し込みます!」


初期費用の他に必要な費用はある?

女史「ちょっと待って。実はほかにも費用が発生するの。今のはMVNOに申し込む時に必要なお金。でも転出元のサービスを解約するのにも、お金がかかる場合があるのよ。むしろそっちをよく調べたほうがいいわ。知らないと損する場合があるわよ」

イチカ「えー!女史、詳しく教えてください!」

女史「新規で契約するならMVNOの初期費用だけで済むんだけど、今使っている電話番号をそのまま使いたいのなら、まずMNP転出手数料が必要になるわ。ドコモなら2000円、auとソフトバンクは3000円が発生するの。ドコモは回線の契約内容によっては5000円になることもあるわ」

イチカ「マジですか~」

女史「あと絶対確認したいのが、途中契約解除に伴う違約金や解約料ね。大手キャリアには2年縛りがあるのは知ってるわよね?2年間契約してくれるなら安くするよ、っていう条件で実現している金額なので、途中で解約するとお金を取られちゃうの。これはキャリアの契約内容によって変わるんだけど、2年縛りの契約満了前に解約する場合は、多いところで2万円以上、満期後でも更新月以外での解約で1万円くらいの違約金または解約金が発生すると思っておいたほうがいいわ。だから、自分の更新月がいつかを知っておかないとダメなのよ」

イチカ「ひぇー! そんなの全然知らなかったです!」

女史「あとは、SIMロック解除手数料もあるわね。イチカちゃんみたいに、今のスマホをそのまま使いたいってケースは多いと思うんだけど、たとえば海外旅行の時に現地のSIMカードを入れて使いたい、なんて思うなら、SIMロック解除はしておいた方が便利。ただ今のキャリアを解約しちゃった後だと有効期限とかがあって面倒なので、乗り換える前にSIMロック解除対象になっている端末かどうか調べて、対象の端末なら先にやっておく方がいいと思うわ。この時、キャリアのオンラインサービスで自分で手続きする場合は無料なんだけど、ショップの窓口でお願いすると3000円の費用が発生しちゃうのよ」

イチカ「知らなかった……。そのまま使えばいいかなって思ってたけど、海外旅行のことを考えると、乗り換えるタイミングでやっておいた方がいいですね」

女史「ええ。あとね、これまでの話って大手キャリアからの乗り換えが前提だったと思うんだけど、最近はMVNO間でもMNPで引っ越しする人がでてきたのね。MVNOから別のMVNOに転出する場合も、当然MNP転出料が発生するから覚えておいた方がいいわ。今のところ3000円が一般的よ」

イチカ「そういえば格安SIMにも解約金ってあるんですか?2年縛りがないから、そういうのはないって聞いたことがあるんですけど」

女史「それがねプランによってはあるの。主に音声通話プランとかLTEの高速・大容量なサービスが対象という傾向にあるんだけど、最低利用期間が設けられているサービスには発生すると思った方がいいわ。MVNOごとに違うんだけど、契約期間未満で解約しようとすると、1000円〜1万2000円程度の費用が発生するみたい。音声通話プランの途中解約では、概ね9500円前後かかると思った方がいいわ」

イチカ「わーそうなんだ〜!うちは大手キャリアからだけど、ちゃんとそのあたりのことも覚えておいた方がいいですね。格安SIMは縛りがない!ってイメージが強かったもん」

女史「もちろん音声通話プランがないデータ通信専用(SMS含む)のSIMカードなら、最低利用期間もないし解約金もないはずよ。そうそう、あと、もう1つ盲点があるの!」

イチカ「えっ?なんですか……(汗)」

女史「MVNOにはSIM損害金が発生する場合があるわ」

イチカ「損害金って?」

女史「解約後に、期限までにSIMカードの返却を求められることがあるのね。それを忘れると2000円程度の代金が発生するので要注意よ」

イチカ「もういらないって、勝手に捨てたりしちゃダメってことですね。わかりました」
初期費用を安くおさえるコツ!

イチカ「えっとー、整理すると、MNPでMVNOに転出する場合は、こんな感じですね?」

 

転出元
* MNP転出料が3000円くらい
* 途中契約解除に伴う違約金、解約料が必要な場合は1万〜2万円
* 任意でSIMロック解除手数料が3000円
* 古いSIMの返却を忘れるとSIM損害金が2000円くらい ※ないこともある

転入先
* 新規申込み登録事務手数料が3000円くらい
* SIMカード発行手数料:1契約ごとに394円 ※ないこともある
* 新しいSIMフリースマホを買うときはその代金

 

 

イチカ「こんな感じですか?あとは月々のプランの料金とか、保証サービスみたいなオプション料金とか」

女史「その通り!」

イチカ「うーん、いろいろかかりそう。安く抑えるコツみたいなのってありますか?」

女史「SIMロック解除は自分でもできるし、MNP転出料は仕方がないとして、やっぱり契約満期になるのがいつか、更新月がいつかをしっかり把握して、そのタイミングで動くことが大事かな。違約金を払っても早く転出したほうがいいケースもあるので、ちょっと面倒かもしれないけど、発生する違約金と残月の通信費などを計算して、よく比較した方がいいわ」

イチカ「わかりました!」

女史「あとはキャンペーンに目を光らせること!初期費用が無料になったり、最初の月の利用料が無料になったり、端末が割引価格で購入できたりなど、お得な特典があるから見逃さないように! 友達の紹介による特典がある場合はぜひ活用したいところね」

イチカ「了解です!実はパパとママも格安SIMに乗り換えようかって言ってるので、家族で乗り換えた場合の特典についても調べてみます。みんなで格安SIMに乗り換えて通信費が節約できたら、私のお小遣いを増やしてくれないかな〜」

女史「なにを甘えたことを言ってるの。私がアナタのママだったら、浮いたお金で友達とランチに行っちゃうわ。ママたちって意外と贅沢なランチを食べているものなのよ、こっそりね♪」

イチカ「え~、私も贅沢なランチ食べたいです~」

 

Post navigation

お申し込み お問い合わせ