Loading...

格安シムカードで通話もお得に!

サルでもわかる?MVNO編集部、略してサルわか編集部・研修生のイチカです。格安スマホに乗り換えたのですが、電話がかけ放題じゃなくなったので、通話料が高くならないか心配……。博士、通話もお得に利用するにはどうすればいいですか?

 

博士
「サルでもわかる?MVNO編集部」の知識人。博士の愛称で呼ばれる。

 

 

イチカ
「サルでもわかる?MVNO編集部」の研修生。MVNOのことをイチから勉強中。

 

 

 

格安SIMカードで通話もお得にできる!

イチカ「博士! 格安スマホって電話代が高くついちゃうってホントですか?」

博士「サービス開始当初は30秒20円の実費だったが、今では大手キャリアと同じような話し放題のプランも用意されているぞ。ただ、キャリアのプランは毎月2700円で何回でも、何分でも話し放題なのに対して、格安スマホのプランは3分、5分、10分など、通話時間が決められているケースが多いんだ。ただし制限がある分、料金は600~800円程度とお得になっているぞ」

イチカ「3分や5分の制限時間をオーバーしたら、料金はどうなるんですか?」

博士「超過分は30秒20円の実費になる。だが総務省の『通信量からみた我が国の音声通信利用状況』によると、通話時間は年々、短くなっていて、平成27年のデータでは、1回の通話時間は平均2分18秒だそうだ。しかも通話回数も減少していて、1日0.9回という結果だ」

イチカ「確かに今は電話するよりも、LINEやメッセンジャーで連絡する方が多いかも。じゃあ格安スマホだからって、電話代が高くついちゃうことはないんですね?」

博士「そもそも長電話を何回もする人の場合は、格安スマホ向きとは言えないな。目安は1ヵ月に68分以上電話するかどうかなんだが、イチカくんはどうかな?」

イチカ「たぶんそんなには電話していないと思います」

博士「まずは自分の電話の使い方を考えてみることが大切だ。よく電話する時もあれば、全く電話しない時もあるような、使い方が定まっていない人なら、30秒20円の実費を半額にする通話アプリがあるから、それを賢く使うことで通話代が安くなる。妙な心配をして気にしながら使うよりも、安く使える対策をしておくことが大切だ」

イチカ「はい、わかりました!」

 

格安SIMの電話品質は?

博士「ところで今、使っている格安スマホの通話品質はどうかね?」

イチカ「友達から格安スマホは遅延すると聞いていたのですが、これまでと同じですね。特に違いは感じません。聞こえずらいこともないし、電話帳からダイヤルできるし、私は違和感なく使っています」

博士「なるほど。昔のイメージが根強いようだが、格安スマホも進化して、サービスが向上している。だから何ら変わりなく使えるし、それは通話アプリを使っても同じだ」

イチカ「そうなんですね?じゃあ私は通話アプリを使ってみることにします」

博士「まずアプリで自分が1ヵ月、何分くらい通話するかを調べてから、プランを考えるのがいいかもしれんぞ」

イチカ「はい、早速、アプリを登録してみます」

 

家族で格安スマホを始めよう!

イチカ「元々、スマホ代を自分で払うことになって、格安スマホを選んだ私ですが、実際に使ってみると使い勝手は今までと同じだし、スマホ代はこれまでの1/3くらいになるしで、いいことづくしなんです。だから家族にもすすめてみようと思って」

博士「いいことだな。家族でスマホを利用していると、3人家族で毎月2万円以上、4人家族なら毎月3万円以上を払っているケースも多い。それが1/3の料金になって、1万円前後になると、かなり家計が助かると思うぞ」

イチカ「そうですよね?うちは4人で毎月2万5000円以上を払っているってパパが言ってました。それが毎月1万円くらいになれば、年間で18万円も節約できちゃう。みんなも格安スマホに変えてもらって、来年の夏はハワイ旅行をおねだりしちゃおうっと!」

博士「おいおい、ハワイの旅費の方が高くつくぞ。こりゃ、イチカのパパは大変だな(笑)」

イチカ「え~、そんなことないです~」

 

Post navigation

お申し込み お問い合わせ