Loading...

スマホのSIMロック解除ってどうするの?

iPhone 6sも対象になる、SIMロック解除は意外とカンタンです!

使えるキャリアMVNOサービスが増え、海外でも現地のプリペイドSIMが使えるようになるなど、恩恵の多いSIMロック解除。2015年5月1日以降発売の機種が対象ですが、各キャリアごとにロック解除には一定の条件を設けています。ロック解除を予定している人は、事前に各キャリアの解除ルールと、実際の手続き、費用について知っておきましょう。

sta009-1

キャリアごとに細かい違いはありますが、SIMロック解除の対象となる条件は以下の通り。

  • 2015年5月以降に発売された製品であること
  • 購入から181日以上が経過していること

また、解除の申し込み先として以下の3つが用意されていてます。

  • オンライン 無料
  • ショップ 3000円(税別)
  • 電話(ドコモのみ) 3000円(税別)

ドコモは、2015年5月以前に発売された機種の中にも解除可能なものがあるなど、他のキャリアよりも対象機種に幅があるのが特徴ですが、これらの機種の解除ができるのはショップのみとなります。

ソフトバンクも2015年4月までに発売された機種の中に、SIMロック解除が可能な機種が5機種あります。auでは2015年5月以降に発売された機種に限りますが、法人も対象になっているのが特徴です。

またこれはドコモだけですが、同じ電話番号で過去に使っていた機種を、SIMロック解除したことがある場合は、その解除から180日以上経過していれば、新たに解除したい端末が購入直後であっても、手続きをすることができます。

3キャリアとも、すでに回線契約がない解約済みの機種でもSIMロック解除が可能です。ただし、90日以内などの期間制限や本人に限るといった制限がある場合もありますので、解除したい端末が対象機種であるかどうかを含め、あらかじめ各社のホームページ等で確認しておきましょう。

なお、キャリア別のSIMロック解除情報へは、以下からアクセスできます。

実際のSIMロック解除は意外とシンプルです。

  • 製造番号(IMEI)をもとに、「解除キー」と呼ばれる番号を入手する
  • スマートフォンに、それまで使っていたキャリアとは別のSIMカードをセットする
  • 解除コード入力画面に解除キーを入力する

これらの操作をショップでやってもらうか、パソコンやスマートフォンでMy docomoMy SoftBankauお客様サポートといったページにアクセスして自分で操作します。

なお、iPhone、iPadの場合は製造番号(IMEI)を登録し、別のSIMカードをセットするだけでロックが解除されます。解除キーの入手や入力といった手続きは不要です。

自分で操作する場合は、申し込み時に対象となるスマートフォンの製造番号の入力を求められますので、あらかじめ調べて控えておきましょう。加えて、ロック解除を完了するには今までのキャリアとは異なるキャリア、またはMVNOのSIMカードが必要になるので、忘れずに用意。ショップに行く場合は、手数料以外に身分証明書などの本人確認ができるものも持参しましょう。

(サルわか編集部)

Post navigation

お申し込み お問い合わせ